タグ:詩集 ( 4 ) タグの人気記事

詩集は歩く糸

最近、第一詩集の在庫が切れてしまった。5年前には300冊も印刷したことを後悔するほど途方に暮れていたから、こんな早くに捌けてしまうとは驚きである。
今年9月に突然現れた年配の女性が1ヶ月半の間に35冊も買ってゆかれた。(第二詩集を合わせると45冊!) 書店流通させているわけでないので、どこが私の詩集との最初の出会いだったのか聞いたが、私とは関係のない会合でいい本だと人に勧められいただいたらしい。どうやら詩集がひとりでに歩いていったらしかった。
そして、週末にはこの方が開かれている会合(私の詩集と出会った会合ではない)に呼ばれているので、久々に知らない人たちばかり(その年配の女性さえお会いしたことがない)に囲まれて病気や詩について簡単なスピーチをしなくてはならなくなった。持ち時間は45分。何も考えてゆかないと「あ~、え~、その~」しか言えなくなってしまうので(冗談ではない)、やはり話す内容は今日明日中に考えておき、カンニングペーパーをつくっておかないといけない。しかしその前に、第一詩集で何を書いたか読み直さなくてはならない。
とにかく熱烈に会いたいと願われるのは嬉しいことだ。そして、私はこの方と電話で幾度か短い話をしたが、こんな半分以下の年の小生意気な私でも尊重してくれる、庶民的で勉強熱心で感受性豊かな方だった。出会いの幸せをしみじみ感じている。

さて次の『紫陽』の原稿締切日は12月10日(必着)。
私自身は最近詩作は冬眠中だ。詩を書くと集中しすぎて動悸やら冷や汗やらが出て体調が崩れるので、ついつい書くのが億劫になってくる。しかし集中しないと仕上がらないし、まったく詩をつくらないのも淋しい。思索も詩作も試作もたたかいだ。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-11-21 16:46 | 身辺雑記

むらさきの海、その後

『むらさきの海』の感想がぼちぼち返ってきています。
なかなか好評で、皆さんよく読んでくださっているな、と胸が熱くなります。
詩は、だいたい『紫陽』に発表したものが中心ですが、『紫陽』に掲載していないものも3分の1弱あります。
表紙絵は自分で描きました。これも「美しい」と気に入ってくださっている方も多く、職場の机に飾ってくださっている方もおられます。
一〇〇〇番出版の重兼さんには想像を遙かに超える綺麗な詩集に創っていただいて、これは一生の宝物だとしみじみ思います。
ポエム・バザールで重兼さんにあとがき(NOTE)をいつものあの朗読で読んでいただきましたが、これも一生の思い出になりました。

明日は紫陽二度目のの読者会。直接手渡しでほしい方がおられるようなので詩集を持参します。また、古書喫茶ちちろ http://www2.odn.ne.jp/~cdl17850/
にも置かせていただこうと考えています。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-11-10 22:02 | 藤井わらびの詩集

『紫陽』13号発送しました。

随分ごぶさたしています。
こちらは朝晩は涼しくなってまいりまして、そろそろここにも文章を書かねば…と思いつつ、なにやら毎日忙しく、今に至りました。
忙しかったのは、詩誌『紫陽』13号の制作・製本・発送、また詩集づくり、片道1時間20分をかけての週2のカイロプラクティック通いなどのせいですが、『紫陽』はもうできたので、あとはみなさんの感想を待つのみですし、詩集づくりも一段落つき、あとは編集者に任せてありますので、普段の生活のペースに戻りつつあります。
今回の『紫陽』、最大のボリュームでしたね。56ページで、200円! この安さ! でもこのペースでゆけば赤字になる恐れもありますし、編集するこちらもくたくたになってしまいます。それはともかく、表紙絵も変わり、松本タタさんの作品になり、新しい寄稿者も加わりました。佐藤雄一さんの巻頭詩も素敵です。
詩集『むらさきの海』は一〇〇〇番出版より10月上旬に発行予定です。一部1,200円(送料別)です。メール frieden22★hotmail.com (★を@に変えてください)やお葉書でまずお知らせください。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-09-21 12:36 | 紫陽の会

詩集制作

 長らくブログを書いていませんでしたが、特別体調が悪いというわけでもなく、それに使う感性やエネルギーが他に向けられていたというだけです。
 この数ヶ月で楽しみが増えました。友人たちと詩の朗読と鑑賞の会、小説や詩集などをじっくり読む会、そしてそのためにも読書したり、調べものをしたり……。ふたたび読む楽しみを取り戻しつつあります。そして、それは詩作に活かされることでしょう。詩作の迷いもだいたい消えました。
 それから、もう一つ。現在詩集づくりをしています。まだ手元で改稿や詩の並びを考える段階ですが、今年中に出版する予定です。何より自分がここから出したいと思える、出版活動に共感できる出版社が見つかったことで大きな安心がありました。
 原稿を読んでいて、この5年の病の苦しみを思い出します。長い5年でした。でも、これだけ詩を書いてきたのかと驚きを感じます。いい詩集になりそうです。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-05-28 11:30 | 身辺雑記