タグ:オスカー・ワイルド ( 3 ) タグの人気記事

Oscar Wilde ''Athanasia''

    Athanasia
                   Oscar Wilde

To that gaunt House of Art which lacks for naught
Of all the great things men have saved from Time,
The withered body of a girl was brought
Dead ere the world's glad youth had touched its prime,
And seen by lonely Arabs lying hid
In the dim womb of some black pyramid.

But when they had unloosed the linen band
Which swathed the Egyptian's body,--lo! was found
Closed in the wasted hollow of her hand
A little seed, which sown in English ground
Did wondrous snow of starry blossoms bear
And spread rich odours through our spring-tide air.

With such strange arts this flower did allure
That all forgotten was the asphodel,
And the brown bee, the lily's paramour,
Forsook the cup where he was wont to dwell,
For not a thing of earth it seemed to be,
But stolen from some heavenly Arcady.

In vain the sad narcissus, wan and white
At its own beauty, hung across the stream,
The purple dragon-fly had no delight
With its gold dust to make his wings a-gleam,
Ah! no delight the jasmine-bloom to kiss,
Or brush the rain-pearls from the eucharis.

For love of it the passionate nightingale
Forgot the hills of Thrace, the cruel king,
And the pale dove no longer cared to sail
Through the wet woods at time of blossoming,
But round this flower of Egypt sought to float,
With silvered wing and amethystine throat.

While the hot sun blazed in his tower of blue
A cooling wind crept from the land of snows,
And the warm south with tender tears of dew
Drenched its white leaves when Hesperos up-rose
Amid those sea-green meadows of the sky
On which the scarlet bars of sunset lie.

But when o'er wastes of lily-haunted field
The tired birds had stayed their amorous tune,
And broad and glittering like an argent shield
High in the sapphire heavens hung the moon,
Did no strange dream or evil memory make
Each tremulous petal of its blossoms shake?

Ah no! to this bright flower a thousand years
Seemed but the lingering of a summer's day,
It never knew the tide of cankering fears
Which turn a boy's gold hair to withered grey,
The dread desire of death it never knew,
Or how all folk that they were born must rue.

For we to death with pipe and dancing go,
Nor would we pass the ivory gate again,
As some sad river wearied of its flow
Through the dull plains, the haunts of common men,
Leaps lover-like into the terrible sea!
And counts it gain to die so gloriously.

We mar our lordly strength in barren strife
With the world's legions led by clamorous care,
It never feels decay but gathers life
From the pure sunlight and the supreme air,
We live beneath Time's wasting sovereignty,
It is the child of all eternity.

†Oscar Wilde "Poems" 1913 Methuen and Co. edition.





   アタナシアi―不滅―
                      オスカー・ワイルド
                       藤井わらび 訳

人がiiから救いだした善きものすべてをそろえた
あの芸術の荒(あば)ら家へと、
死で朽ちた少女の体が運ばれた。
それは世界が輝かしい青春を迎える前のこと。
少女は黒いピラミッドの仄暗い奥秘iiiに
隠れ臥(ふ)す孤独なアラブの民に見つけられた。

しかし、このエジプト人の体を巻く
リネンの帯が解かれたとき――ああ
彼女の痩せた手の窪みにしまわれていた小さな種が現れたのだ。
それは、イングランドの大地に蒔かれ、
雪のように白い星形の花をつけ、
春の大気に芳しい香りを振りまいた。

この花はあまりにも不可思議な技で魅惑するので、
アスフォデルivは全く忘れられ、
百合の情人(こいびと)、琥珀の蜂も住み慣れた花杯(さかずき)を捨ててしまった。
これは地上のものではなく
天上の理想郷(アルカディア)から盗まれた花のようだった。

徒らに悲しいナルキッソスvは、己の美しさに青ざめ白くなりながら、
小川の上に頭(こうべ)を垂れている。
紫の蜻蛉(とんぼ)は自分の羽根を煌(きら)めかせる
ナルキッソスの金粉ではよろこばず、 ああ、
ジャスミンの花に口吻(くちづ)けても悦ばす
ユーカリから零(こぼ)れる小雨の真珠を払いのける。

この花への愛のため、情熱の夜鳴鳥vi(ナイチンゲール)は
トラキアの丘も、残虐な王も、忘れてしまった。
青白い鳩は、花盛りというのに木々の間を飛ぶこともせず、
銀色の翼を羽ばたかせ、紫水晶(アメジスト)の喉を鳴らし、
このエジプトの花を求めて漂った。

灼熱の太陽が蒼空(そら)色の塔のなかで燃えているとき
冷たい風が雪の国から這ってくる。
暖かな南風が優しい露の涙で花の白い葉を濡らすのは
宵の明星(ヘスペロス)viiが海原色の空の牧場に登るとき、
そこには入り日の緋(あか)い閂(かんぬき)が降ろされる。

百合が咲き出(いず)る曠野(あれの)の上で
鳥たちはくたびれても、なお恋の唄を囀(さえず)る、
サファイアの天高く、月が銀(しろがね)の盾のように身を広げ煌めくときも
慄(おのの)くこの花びらは
怪しげな夢や邪な追憶(おもいで)に揺さぶられることはないのだろうか。

ああ、否! この輝く花には一千年は
ぐずるように残る夏の一日ぐらいにしか思われず、
少年の金髪をしなびた白髪へと変える
浸みゆく毒ような恐れの潮など知らず、死への希求も
誕生(うま)れ堕ちた者すべてが悲嘆する、その所以(ゆえん)にも
気づくはずはなかった。

笛吹き踊りながらも死にむかうわれら、
もう二度と象牙の門viiiをくぐらないだろう。
哀しみの河がありふれた平原と人の住処(すみか)を抜け、
絶え間ない己の流れに飽いたとき、
恋する者のように残酷な海へと飛び込み
華やかに滅びゆくだろう。

われらはかしましい配慮によって率いられる世界の軍隊との
不毛な争いで威厳という力を失うが、
衰えを知らず、純粋な陽光や至上の大気から
生命(いのち)を受け、増(ま)してゆく。
われらはが滅びさせる統治のもとに生存(い)きている、
全く永遠の子どもなのだix。



[註]
i タンジーの学名。和名・ヨモギギク。キク科で真夏に黄色い花を咲かせる、生命力の強い植物。ギリシャ神話の不死の女神「アタナシア」に由来し、「不滅・永遠」を意味する。
ii 天上的な永遠の時間を表すものと思われる。
iii 'womb' とは子宮、ものの発生・成長する所。ここでは人類の文明・文化が発生する所を指すのだろう。
iv 百合科千島石菖(チシマゼキショウ)属の白い花。花言葉は「私はあなたのもの」。古代ギリシャでは天国に咲く永久にしぼまない花と言われていた。また、「死の花」とも呼ばれた。
v 水仙の学名。ギリシャ神話の中の美少年ナルキッソスは川に映る自分の姿に恋するが、その恋は報われずに亡くなり、その後川辺に水仙が咲いたといわれる。この詩にあるように、実際に水仙は自分の姿を覗き込むようにして咲く。
vi 暖かな春、また愛の象徴。その鳴き声は春の訪れを告げるとされる。
vii evening star, 夕方に見える金星(Venus)のこと。半分沈みかけた太陽は真っ赤なリンゴのように見えるが、リンゴを横に切ると5つの種子のある星形が現れる。これが宵の明星ヘスペロスを指す。西方の死者たちの暮らす「至福の島 Islands of the Blessed」に、ヘスペリデスHesperidesという4人のニンフが住み、ヘラHeraの金のリンゴ園を守っている。ヘスペリデスは宝探しの象徴、または死のテーマを表す。
viii ギリシャ神話で夢は海の彼方、太陽が沈む死の国近くにあり、象牙の門から出てくる夢は、偽りを伝えるものとされている。
ix 時Timeと永遠eternityはほぼ同義で使われているようだ。この世はすべてを朽ちさせる時が権力を握っていて、有限な存在のわれらは時には抗えない。でも、聖書の一節に「心を入れ替えて子どものようにならなければ、天国に入ることはできない。自分を低くして、この子どものようになる人が、天国で一番偉いのだ」とあるように、「永遠の子ども」という表現からはワイルドの謙虚さと前向きな思想が窺える。


※ 日夏耿之介訳『ワイルド詩集』(新潮文庫、1936年)を参考にした。



★オスカー・ワイルド Oscar Wilde
オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルズ・ワイルドOscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde(1854-1900)は、イギリス植民地下のアイルランド・ダブリン生まれの詩人、小説家、劇作家。代表作は『幸福な王子』『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』など。


※『ツェルノビィツ通信』第3号(2010.10月刊)より
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-11-05 14:30 | 英詩・アイルランド詩・英語詩

ワイルド「To L.L.」を訳してみました。

  バラとヘンルーダ  Roses and Rue
      -L.L.に
               オスカー・ワイルド  Oscar Wilde

ぼくらは長く埋められていた宝物を掘り起こすことができるだろうに、
  それがよろこびに値するのなら。
ぼくらは決して恋歌を覚えることはできないだろう、
  あまりに長く引き離されているから。

試練にみちた情熱的な在りし日が
  死者を呼び戻すことができるだろうに、
ぼくらはふたたびその日を生きることができるだろう、
  それが痛みに値するのなら!

ぼくは想い出す、常春藤(きづた)の繁みで
  ふたりよく逢っていたのを。
きみは美しい詞(ことば)をさえずった
  鳥のような調子で。

きみの声には8分音符があった、
  ちょうどムネアカヒワのように
そして震わせた、クロウタドリの喉のように
  最後の高い音符で。

きみの瞳は緑と灰色で
  4月の白日(まひる)のようだった
でもぼくがかがんでキスすると
  光り輝きアメジストとなった。

きみの口は笑わなかったのだろう
  長い、ながい間。
それが笑いが溢れんばかりにさざめいた
  5分後に。

きみはいつも驟雨を恐れていた
  ちょうど花のように。
ぼくは憶えている、雨が降りはじめたとき
  きみがびっくりして駆けだしたことを。

ぼくは想い出す、決してきみをつかめなかったことを、
  きみにつり合うような人は誰もなかったから。
きみには速くて輝く、不思議で
  小さな翼が足にあった。

ぼくは想い出す、きみの髪を、
  -ぼくはそれを結んだね? いつも奔放だったから-
もつれた黄金の日光のようだった。
  もうそれも昔のこと。

ぼくはよく憶えている、あの部屋を、
  そしてリラの花が
あたたかい6月の雨のなか
  しずくの流れる窓ガラスを叩いていたのを。

そしてきみのガウンの色、
  琥珀(こはく)がかった茶色で、
薔薇色の両肩から
  黄色いふたつの蝶結びが垂れていた。

きみはフランチレースのハンカチを
  顔にあてていた-
ちょっとした涙でしみができたのか?
  それともそれは雨だったのか?

サヨナラ、と振ったきみの手には
  蒼い静脈が見えた。
さようならと言うきみの声は
  怒ったような泣き声だった、

「あなたは自分の人生を無駄にしてるだけよ。」
  (ああ、その言葉はナイフだった!)
庭の門を急いで走り抜けたときには
  すべてがもう遅すぎた。

ぼくらはふたたびその日を生きることができるだろう、
  それが痛みに値するのなら、
試練にみちた情熱的な在りし日が
  死者を呼び戻すことができるだろうに!

もしぼくの心がはり裂けなければならない運命(さだめ)なら、
  愛しい人よ、きみのために、
音楽のなかで裂けるだろう、
  詩人の心とはそういうものなのだ。

しかし奇妙なのは話されなかったことだ
  神の在す天国と地獄の
小さな象牙の小部屋に
  頭脳を容れることができるということを。


※日夏耿之介『ワイルド詩集』(新潮文庫、1936年)を参考にしました。


ざっと訳してみました。
おかしい所もあるでしょう。見つけられた方は遠慮なくご指摘ください。

日夏さんの訳詩は「could」がすべて過去形の「できた」となっているのですが、
恋人は去っていって戻ってこなかったようなので、
ふたりで思い出を語り合ったり、やり直したりすることができなかったと
考えるのが自然だと思います。
なので、仮定法として「~~であれば、~~できるのに」と願望の現在形で訳しました。
(1連4行目が「We are」という現在形なのはそういう理由だと思います。)
それからタイトルの「Roses and Rue」ですが、
バラRoseは愛、恋人の象徴、ヘンルーダRueという植物は悔恨・悲嘆の象徴だそうで、
恋人と詩人、あるいは詩人自身の気持ちを表しているのでしょう。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2009-01-06 23:05 | 英詩・アイルランド詩・英語詩

オスカー・ワイルド「L.L.に」

   Roses and Rue
    (To L.L.)
                     Oscar Wilde

Could we dig up this long-buried treasure,
Were it worth the pleasure,
We never could learn love's song,
We are parted too long.

Could the passionate past that is fled
Call back its dead,
Could we live it all over again,
Were it worth the pain!

I remember we used to meet
By an ivied seat,
And you warbled each pretty word
With the air of a bird;

And your voice had a quaver in it,
Just like a linnet,
And shook, as the blackbird's throat
With its last big note;

And your eyes, they were green and grey
Like an April day,
But lit into amethyst
When I stooped and kissed;

And your mouth, it would never smile
For a long, long while,
Then it rippled all over with laughter
Five minutes after.

You were always afraid of a shower,
Just like a flower:
I remember you started and ran
When the rain began.

I remember I never could catch you,
For no one could match you,
You had wonderful, luminous, fleet,
Little wings to your feet.

I remember your hair-did I tie it?
For it always ran riot-
Like a tangled sunbeam of gold:
These things are old.

I remember so well the room,
And the lilac bloom
That beat at the dripping pane
In the warm June rain;

And the colour of your gown,
It was amber-brown,
And two yellow satin bows
From your shoulders rose.

And the handkerchief of French lace
Which you held to your face-
Had a small tear left a stain?
Or was it the rain?

On your hand as it waved adieu
There were veins of blue;
In your voice as it said good-bye
Was a petulant cry,

‘You have only wasted your life.’
(Ah, that was the knife!)
When I rushed through the garden gate
It was all too late.

Could we live it over again,
Were it worth the pain,
Could the passionate past that is fled
Call back its dead!

Well, if my heart must break,
Dear love, for your sake,
It will break in music, I know,
Poets' hearts break so.

But strange that I was not told
That the brain can hold
In a tiny ivory cell
God's heaven and hell.
[PR]
by Fujii-Warabi | 2009-01-03 13:53 | 英詩・アイルランド詩・英語詩