<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

TIME


Don't put your head on my shoulder
Sink me in a river of tears
This could be the best place yet
But you must overcome
Your fears

Ooh, in time
It could have been so much more
The time is precious I know
In time
It could have been so much more
The time has nothin' to show

Because
Time won't give me time
And time makes lovers feel
Like they've got
Something real
But you and me
We know we've got
Nothin' but time
And time won't give me time
Won't give me time

Don't make me feel any colder
Time is like a clock in my heart
Touch we, touch was the heat too much
I felt I lost you from the start

Ooh, in time
It could have been so much more
The time is precious I know
In time
It could have been so much more
The time
has nothin' to show

Because
Time won't give me time
And time makes lovers feel
Like they've got
Something real
But you and me
We know we've got
Nothin' but time
And time won't give me time
Won't give me time

Ooh, in time
It could have been so much more
The time is precious I know
In time
It could have been so much more
The time
has nothin' to show

Because
Time won't give me time
And time makes lovers feel
Like they've got
Something real
But you and me
We know we've got
Nothin' but time
And you don't time won't give me time
And time makes lovers feel
Like they've got
Something real…

作曲:CULTURE CLUB
作詞:CULTURE CLUB


" target="_blank">


僕の肩に頭をもたせかけないで
涙の河に僕を沈めて
ここは一番いい場所なのかもね
でも君は克服しなくちゃ
自分の恐れを、ね

ああ、時が経てば
もっと増えていたのかも
時間は貴重なものだとわかってる
時が経てば
もっと増えていたのかも
時間は何も示してくれることはない

だって
時間は僕に時間を与えてくれることなんてないから
それに時間は
恋人たちにリアルなものが手に入るように思わせるから
でも君と僕は時間以外に何も手に入れなかった
って知ってる
時間は僕に時間を与えてくれない
時間をくれないんだ

これ以上冷やさないでほしい
時は心の中にある時計のようなもの
二人が触れた瞬間は熱すぎるほどだったけれど
最初から君を失ったと気づいたよ

ああ、時が経てば
もっと増えていたのかも
時間は貴重なものだとわかってる
時が経てばもっと増えていたのかも
時間は何も示してくれることはない
                 (藤井わらび訳)

[memo]
理屈ではない歌詞なので訳も難しい。なので、私なりの解釈を。
恋は盲目であり、何かを得るためにするものではない。だから、終わってしまった恋は一緒に過ごした時間しか残さない。
いつだって時間は非情に流れてゆき、恋を終わらせてしまう。時間は貴重なものあっても、時間そのものが解決策を示してくれるものではない。時が過ぎても、宿命的な恋をなくした喪失感と痛みは簡単には消えない。
結局、自分で恐れを乗り越えようとするしかないのだろう。
「時が経てば」何がもっと増えていたのだろう? この一行の解釈は難しい。「愛」と言いたいが、それだけではなさそうだ。

作詞したGeorgeの恋人は同じバンドのドラマーであった。彼には運命的な恋であったようだが、ストレートの恋人の心はすぐ離れてしまう。失恋の傷も癒える間もなく残酷にもバンド活動を共に続けねばならない。「最初から君を失った」というのは、彼の心が完全に自分の元にあったわけではない、ということか。それとも、はじまりは喪失のはじまりだということか。

秋の夜に聴きたい一曲。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2011-10-27 00:15 | 英詩・アイルランド詩・英語詩

white circle

白い羽毛の舞うなか
 白い便器
に座る 天使のあなた
天国の卵が雲を転げ
ミルクが地上へと零れる

 それを神の恩寵だと受け取るのは誰?

便器から生まれ羽ばたいてゆく蛾たちは
天使の姿に似て
真夜中の地上に無限の夢をもたらす

 神は人間の姿に似せて創られた
都合よく!

溜め息のシャボン玉が天空へと向かう
それは天使の描く円にすっぽりと収まり
衛星になって回っている
 終わりもなくはじまりもなく

また蛾の瞬きと
ともに
ミルクが降る 零れる
[PR]
by Fujii-Warabi | 2011-10-26 18:36 | 藤井わらびの詩

黒い犬

c0094173_12133570.png



※『紫陽』22号掲載
[PR]
by Fujii-Warabi | 2011-10-15 12:14 | 藤井わらびの詩