<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

最近観た映画~レネ、カウリスマキ、川端など

 私は元々映画好きだが、映画は視覚・聴覚を過剰に刺激して頭から離れなくなるので、少し前までは観るのを控えめにしていた。それがこのところ良質な映画を観る機会が多く、様々なことを考えさせられた。

 先月末、ベルナール・スティグレール著『〈象徴〉の貧困』で第二章を丸々割いて語られたアラン・レネ監督作品『恋するシャンソン(みんなその歌を知っている)』を観て、解説を聴き、語り合う機会があった。文化的に貧困だと思っていた奈良でも、こうした良質な映画の上映運動を地道に続けている団体があり、驚いた。
 あの後ゆとりがなくて、この映画についてここでは書くことができなかったが、誰でも観ることのできる娯楽的要素とこの社会の根底を描く深い思想を兼ね備えた優れた作品で、今も強く印象が残っている。現代を覆う「不安」とは何なのか?どこから来るのか?現代とはどういう時代なのか?この危機をどうやって超えてゆけばいいのか?を考えさせられた。芸術・文学を志す人には特に観てほしい映画である。

 先週は、フィンランドの巨匠アキ・カウリスマキ監督の映画『過去のない男』をレンタルDVDで観た。
以前カスタマーズレヴューを読んで、良し悪しを何とも判断しがたく、レンタルするには少々迷ったことがあったが、ペドロ・アルモドバルの映画『ボルベール〈帰郷〉』を観る際に、その前のCMでカウリスマキの敗者三部作と呼ばれるうちの最終作『街のあかり』が流れ、6回ぐらい再生、CMなのにハマってしまった。早速レンタルしようとしたところ、貸し出し中だったので、空いていた『過去のない男』のほうにした。
(『ボルベール』のほうはまた、アルモドバルを語る時に書きたいと思う。)

 『過去のない男』は2002年のカンヌ国際映画祭でグランプリと主演女優賞をダブル受賞した作品なのだが、「大作」と呼ばれるような映画が絶対映さないような「排除されたもの」をふんだんに描いていて、美しい。
名前も記憶も財産も失った丸裸の主人公の男が、やはり国家から見放された〈貧者〉に助けられ、少しずつ再生してゆくという物語。(フィンランドのような福祉国家であれ、人は名前とそれなりの身分を持つ「何者か」でないと、国家に暴力を振るわれるのだ。)
 しかし、人はどんな苦境でも生きてゆかねばならない。では、どうすればよいのか。カウリスマキは、希望を失わず期待しすぎず、生活のなかで共同とアイデアとユーモアを持って生きるとことを提案をしているように思えた。
 こんな映画を日本へと届けてくれる映画人が今、どれぐらいいるだろうか。私はこの一本ですっかりカウリスマキに魅せられてしまった。

 川端康成原作、衣笠貞之助監督の前衛映画『狂った一頁』(1926年)を活動弁士つきで、やはり日仏協会や京都・奈良EU協会といった映画上映運動をされている方々の主催によって、観る機会に恵まれた。
 まず、活動弁士・吉岡一郎氏が同年代ぐらい、と若いのに驚き、映画を見始めたころはこの人物が気になっていたのに、のめり込んでゆくと映画の音声となって聞こえてきたのが不思議だった。活動弁士は凄い職業だと思う。芸術・文学・歴史といった知識、詩・小説を書く才能、講談師・エンターテイナーとしての資質が要る。こういう仕事にもっと光を当ててほしいものだ。
 作品のほうも、とても革新的な内容だった。映像もどのようにして撮影されたのかわからないシーンがあったり、テーマとしても〈正気〉〈狂気〉の境目を壊すというようなものだった。
私たちは「狂人だ」と名指されることなく日常を過ごせているから、自分を「正常」だと思っているに過ぎないのだろう。誰のなかにも〈狂気〉は存在し、それは人をその人たらしめる重要な個性だと私は思っている。だから、川端が、精神病院に閉じ込められた「精神病者」への差別を描き、能の笑い面を彼らに被せ、解放で結んだことに胸が熱くなった。

 映画のことを書き出すとつい長くなる。疲れてきたので、つづきはまた数日後。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-03-29 23:38 | 芸術鑑賞

今日の映画

今晩6時より京都・奈良EU協会主催で
ヴィム・ヴェンダース監督映画『パリ、テキサス』(1984年、145分)が上映されます。
会費300円、場所はJR奈良駅徒歩5分のワルハラ
http://www.nara-zenei.com/walhalla/index.html
にて。
この映画についてもっと知りたい方は、ピエール・シルヴェストリ氏の記事をご覧ください。
http://eurokn.seesaa.net/article/143941888.html
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-03-27 11:09 | イベント

『紫陽』21号

『紫陽』21号の原稿締切日は後二週間後の4月10日(土)です。
よろしくお願い致します。

講読・投稿に関するお問い合わせは 
http://warabipoem.exblog.jp/4726034/
をご覧の上、藤井のほうまでメールをいただければ助かります。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-03-27 10:58 | 紫陽の会

『紫陽』20号読者会の簡単なレポート

21日(日)お昼より八百屋「ろ」お隣の「つづきの村」にて、『紫陽』20号読者会と交流会を行いました。

この日は晴れて風が強く、黄砂が舞っていました。
そんな中集まってくださった10名の皆さん、ありがとうございました。

例により、今号の投稿者かつ読者会参加者の作品を詩人本人に朗読してもらい、みんなで味わい、批評・感想を交わすというやり方で進めました。

取り上げた作品
・竹村正人   「考察」
・三刀月ユキ  「冬のアルゴス」
・亰雜物    「燎原の氣」
・藤井わらび  「朝の夢」
・うなてたけし 「たんぽぽの花」(作者の演奏つき)
・吉岡太朗   「『ノスタルギガンテス』の読書」

この6篇だったのですが、話が尽きず、やはり最後は駆け足となりました。
すみません。
また、話し足りなかったところは、コメント欄に加えていただくか、あるいは昼酒の会などで続きをなんとはなく語るかしていただければありがたいです。

詩は誌面で発表すると、反応がほとんど見られず、それゆえ私などはどのように自分の詩を発展させてゆけばいいのか独り悩みます。
読者会はそこに突破口を開いてくれました。読者がそこにいて、どれほど読み込んでくれているかという愛情を感じることができ、また、彼らが「なるほど!」といった気づきを与えてくれます。
そして、交流会は詩について人生について真理について(?)恋愛について、色々な話が出て、酒もまわりゆったりまったり、終わったのは11時でした。

詩人でもあられる「ろ」のマスター秀さんにも感謝です。
オーガニックのお野菜によるお料理、とても美味しかったです。ご馳走様でした!


c0094173_1645788.jpg


c0094173_16434227.jpg


c0094173_16441427.jpg


c0094173_16443521.jpg


c0094173_16475057.jpg

「ろ」さんの看板息子(?)の大きなチビ

c0094173_16453850.jpg

途中から詩人・野村尚志さんもご参加くださいました。

c0094173_1646082.jpg

これだけが交流会の写真。食べるのに夢中で、美味しいお料理を撮るのを忘れていました。しまった。。


今回、初参加の方は4名でした。
写真にあるような楽しく有意義な集いですので、次回も読者の方のご参加をお待ちしております。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-03-23 16:50 | 紫陽の会

奈良前衛映画祭2010・プレ企画 『狂った一頁』

奈良で楽しそうなイベントがあります。

c0094173_14322510.jpg



活動弁士つきで観られる機会はそうないと思いますので、
是非足を伸ばしてみてください。

詳細は http://www.nara-zenei.com/
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-03-20 14:36 | イベント

''TOY BOX 2010’’ 

少し遅くなってしまいましたが、私も投稿した詩誌『TOY BOX 2010』のことを書きたいと思います。
この詩誌は、日本語詩とそれを英訳したもの、英語詩を日本語訳したもの、そして俳句・短歌を英語から日本語訳したものと日本語から英訳したもの、という3部から構成される非常に珍しい企画です。
c0094173_1421444.jpg
参加者は、カワグチタケシ、藤井わらび、イダヅカマコト、芦田みのり、かとうゆか、
Mathew James Chromecki、Amy Hildreth、Courtney Sato、Alison Ni Dhorchaidhe。
きめ細やかな編集をしてくださった芦田みのりさん、表紙絵ははしづめさやかさん、その他多くの製作協力者あって出来た、素晴らしい詩誌です。
一部500円。
ご興味のある方は、藤井わらび 
wallaby88[at]livedoor.com までお問い合わせください。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-03-20 14:24

あんそろ詩゛ーvol.2 に集って

一昨日、学園前の八百屋「ろ」の隣の「つづきの村」にて、詩と音楽とダンスと書のコラボレーションを観てきました。
思いもかけないような創造性に出会えるのが心地よく、こういう刺激なしには生きてはゆけないな、と思いました。また、刺激を受けるとすぐ心身は反応してくれます。
コラボ後のⅡ部では詩の朗読や音楽、パフォーマンス・アートなど、表現が溢れる人たちが自由にその場で創造性を振りまいて、他ではあり得ない雰囲気に…。
酔いもあって、私もノリノリ、花瓶やコップを叩いたり、島本さんのギターで自作の詩「スパイ」の朗読をさせてもらったりと、すごく楽しく、笑いが止まらない夕べでした。

c0094173_1112537.jpg

進行役、またピアニストでもあるうなてさん、ダンサーの小林みゆさん、詩を書き、読む「ろ」店主の秀さん(黒地に白で書いておられましたが、ところどころ消えてゆくのがまさに「詩」でした。)

c0094173_14233757.jpg

足で太鼓を叩くうなてさん(初めて観ました!)

c0094173_11132734.jpg

観たことのないタイプのダンスをされる小林さん

c0094173_11142882.jpg

うなてさんと詩の朗読をされる亜子米さん(「毛むくじゃらの魚」の詩が素敵でした)

c0094173_11151056.jpg

ギターを弾くと、言葉が出てくるという不思議な島本さんの映像作品。谷川俊太郎の詩に乗せて

c0094173_1119590.jpg

亜子米さんの詩に合わせ、鳩の鳴き声「ぽーぽーぽぽー」を歌う私(酔ってます♪)

c0094173_112037.jpg

パフォーマンス・アーティストの大橋さんとギターを弾く…ごめんなさい、お名前がわかりませんでした。でも、初対面でこれだけぴったり息があったものを創られているのが凄かったです。
(ギタリストの方は「ひらめさん」と呼ばれている方だそうで、アクセスありがとうございました。)


一週間前まではひどい体の停滞と心身の過敏症がありましたが、生きていると面白いことはたくさんあるものです。
今年も春先の魔物を殺し、こうして「エロス」の世界をみることが出来ました。本当に幸せです。ますます創作からは離れられなくなりそうemoticon-0115-inlove.gif
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-03-16 11:11 | イベント