<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

詩集は歩く糸

最近、第一詩集の在庫が切れてしまった。5年前には300冊も印刷したことを後悔するほど途方に暮れていたから、こんな早くに捌けてしまうとは驚きである。
今年9月に突然現れた年配の女性が1ヶ月半の間に35冊も買ってゆかれた。(第二詩集を合わせると45冊!) 書店流通させているわけでないので、どこが私の詩集との最初の出会いだったのか聞いたが、私とは関係のない会合でいい本だと人に勧められいただいたらしい。どうやら詩集がひとりでに歩いていったらしかった。
そして、週末にはこの方が開かれている会合(私の詩集と出会った会合ではない)に呼ばれているので、久々に知らない人たちばかり(その年配の女性さえお会いしたことがない)に囲まれて病気や詩について簡単なスピーチをしなくてはならなくなった。持ち時間は45分。何も考えてゆかないと「あ~、え~、その~」しか言えなくなってしまうので(冗談ではない)、やはり話す内容は今日明日中に考えておき、カンニングペーパーをつくっておかないといけない。しかしその前に、第一詩集で何を書いたか読み直さなくてはならない。
とにかく熱烈に会いたいと願われるのは嬉しいことだ。そして、私はこの方と電話で幾度か短い話をしたが、こんな半分以下の年の小生意気な私でも尊重してくれる、庶民的で勉強熱心で感受性豊かな方だった。出会いの幸せをしみじみ感じている。

さて次の『紫陽』の原稿締切日は12月10日(必着)。
私自身は最近詩作は冬眠中だ。詩を書くと集中しすぎて動悸やら冷や汗やらが出て体調が崩れるので、ついつい書くのが億劫になってくる。しかし集中しないと仕上がらないし、まったく詩をつくらないのも淋しい。思索も詩作も試作もたたかいだ。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-11-21 16:46 | 身辺雑記

『紫陽』第13号読者会の模様

不眠症、そしてハイな状態が一週間続いていて妙にハイペースな投稿になっている。
でも、この際だから鬱になることを見越してじゃんじゃん書いておこうと思う。

さて、昨日は『紫陽』13号読者会をならまちの古書喫茶ちちろでお昼から開催した。
途中参加者を含め合計12名が集い、今号の投稿者の詩5篇余り(合評した順に…藤井わらび「家と子」、亰雜物「夢のユ目」、窪ワタル「鳥と滑走」「声」、竹村正人「世界のうんこ好きよ団穴せよ!」、西きくこ「変わらない顔」)とその他印象が強かった作品数編をじっくりと読み込んだ。余りにも集中しすぎて時間の経つのを忘れるほどだったが、この時のために生きているといっても大袈裟でないぐらい充実していた。
そして、その後6時から鍋。古い日本家屋・ちちろでの鍋は最高だった。場所の雰囲気の良さが手伝って交流は大盛況。スーパーで購入した具材をちちろまで運んでくれた竹村君、野菜を切って下準備してくれた岡さんと西さん、どうもありがとうございました! 西さんの鍋奉行ぶり、手際がよくてかっこよかったです! そして閉店後、場を提供してくださった宇多さん、活動への理解とその商売っ気のなさに感謝しております。


ちなみに会場の「ちちろ」 http://www2.odn.ne.jp/~cdl17850/
には『紫陽』をいつも置かせていただいています。
ちちろはとてもくつろげる隠れ家的喫茶ですので、もっと多くの方に知っていただきたいですね。
古書も安く、本に囲まれてお茶ができます。私の詩集も並べてもらっておりますので、こちらで読むことができます。
また関東では、「模索舎」 http://www.mosakusha.com/
に毎号『紫陽』を納入させてもらっています。まだ実物を目にしたことのない方もこちらで一度手にとって見てください。  
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-11-12 21:30 | 紫陽の会

むらさきの海、その後

『むらさきの海』の感想がぼちぼち返ってきています。
なかなか好評で、皆さんよく読んでくださっているな、と胸が熱くなります。
詩は、だいたい『紫陽』に発表したものが中心ですが、『紫陽』に掲載していないものも3分の1弱あります。
表紙絵は自分で描きました。これも「美しい」と気に入ってくださっている方も多く、職場の机に飾ってくださっている方もおられます。
一〇〇〇番出版の重兼さんには想像を遙かに超える綺麗な詩集に創っていただいて、これは一生の宝物だとしみじみ思います。
ポエム・バザールで重兼さんにあとがき(NOTE)をいつものあの朗読で読んでいただきましたが、これも一生の思い出になりました。

明日は紫陽二度目のの読者会。直接手渡しでほしい方がおられるようなので詩集を持参します。また、古書喫茶ちちろ http://www2.odn.ne.jp/~cdl17850/
にも置かせていただこうと考えています。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-11-10 22:02 | 藤井わらびの詩集

藤井貞和氏、京都に来たる!

「何がイッツウォーだ。ファックユーである。」
12月22日(土)13時より立命館大学衣笠キャンパス創思館405にて「詩と戦争」というテーマで藤井貞和講演会が開催されます。
入場無料、詳細は http://blogs.yahoo.co.jp/nekogilles/22054108.html
藤井貞和氏の朗読も拝聴できるという貴重な講演会になりそうです。
私は全然仕事をしていませんが、一応主催者側ですのでご質問等ありましたらどうぞ。
たくさんの方に来ていただいて、学び交流し楽しむ会にしましょう。
私は尊敬してやまない藤井貞和さんにお会いできるのでわくわくしています。


[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-11-10 20:24 | イベント

『紫陽』13号

『紫陽』13号を城戸朱理さんがご自身のブログ http://kidoshuri.seesaa.net/article/63715512.html
で取り上げてくださっています。
「アンデパンダン的」とは嬉しい批評です。
皆さん、ご覧下さい。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-11-01 11:09 | 紫陽の会