<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「わらび」の詩歌

私が父にもらったたぶん最大の贈り物は名前だと思うのですが、この名前の由来を少し書こうと思います。
8歳ぐらいのときに学校で、名前の由来を親に訊いて作文してくる宿題が出され、この時に初めて私の名前の由来をきちんと聞いたような気がします。私はこの名前が目立つのとからかわれるのと聞き違いをされるのと大人にイヤミを言われるのできらいだったのですが、そのときに聞いた由来が印象的で今も忘れることはありません。
「わらび」は陽の当たる場所ですくすく育つシダ植物で、世の光の当たる所で大きく育ってほしいと願いつけられました。また、こぶしを握ったようなすくっと立つ姿から、まっすぐな強い子になるようになるようにという願いも込められました。
というような内容だったと記憶しています。私は子どもの頃から背が高く、両親によく「育ちすぎた」と言われていました(笑い)。

次に「わらび」の狂歌と詩を紹介したいと思います。

  さわらびが握りこぶしを振りあげて山の横つらはる風ぞ吹く
                        〈四方赤良(よものあから)『巴人集』〉

【通釈】もえ出たばかりのわらびが、春風に吹かれてゆれている。そのようすは、にぎりこぶしをふりあげて、山の横つらをひっぱたいている、といったところだ。

この狂歌はある老編集者に教えていただいたのですが、その時も素敵な歌だなと思いました。これから「山の横つらはる」ぐらいのパワーをつけてゆきたいものです。


   わらび
                          焦桐(チアオ・トン)

まだらにはげた塀のすみに
わらびが苦しげに芽を出した
いらただしげな根は
粗雑さに心休まらず 静寂に
心が安まらない いかにもびくびくと
外をうかがって 学びとる
謙虚さと剛毅さを学びとる

いかにも素朴なわらびが芽をふき
断固として雨後の塀に沿って伸びてゆく しかも
せまい土のなかで精いっぱい
辛い霜の冷たさに抗っている
こういう辛さはじっと耐えねばならない
土地の束縛に耐えるのだ

(誰かが除草機を使っている
音がすべての静けさを乱暴におおいつくす)

鮮やか緑がわらびを際立たせ
ひとつの信念を追求する
広大な闇のなか 黎明の縁に
遠くかすかに見えた気がする
陽光あふれる草原
草原の呼び声                1981
                           (池上貞子訳)

※『現代詩手帖 8月号』(思潮社、2006年8月)より


焦桐さんは台湾の現代詩人なのですが、この詩でも「さわらびが」の狂歌と同じく、「わらび」は世に抗う存在として描かれています。26年前の作品ですが、この国ではいまタイムリーですね。霜に耐えながらも伸びてゆかねばなりません。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-01-26 11:59 | わらび・シダ植物の詩歌

『紫陽』は届いていますか。

『紫陽』第11号を18日(木)に発送したのですが、お手元に届きましたでしょうか。
ときおり郵便事故があるので、届かない場合はご連絡ください。

また感想ハガキやメールなどでご感想をよろしくお願い致します。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-01-22 09:57 | 紫陽の会

映画『ダーウィンの悪夢』を観て

昨日、午後1時50分から京都みなみ会館で『ダーウィンの悪夢』を観た。2年ぶりの映画館で感激した。
しかし内容は実に重い。アフリカ、東南アジア、中東、中南米などの「第3世界」は日本、ヨーロッパ、アメリカの奴隷なのだ。すべてが「先進国」のために、特に少数の金持ちのために存在させられている。命までも。「先進国」の奴隷にならない人間はいらない、と私たちの生活態度は語っているようだ。
映画の中のナイルパーチ輸送機のロシア人機長は行きの飛行機で2度武器を輸送し帰りにブドウを積んできたことを友人に話すとこう言われたそうだ。「クリスマスにアフリカの子ども達は武器を贈られ、ヨーロッパの子ども達はブドウを贈られる。」
もちろん武器の方が随分高く、ヨーロッパはますます裕福になり、アフリカはさらに貧困にあえぐことになる。戦争の背後を見なくてはならない。そして、「善良な市民」が「戦争はいけません」と口ではいっても消費主義の生活姿勢が変わらないとなんら解決しない。資本主義が戦争も貧困も引き起こしているのだ。生活の中で、資本主義を否定してゆかなければ、この地球自体もうすぐ滅びてしまうだろう。(このままの消費生活を続ければ2026年には2℃気温が上昇し、地球は修復不能の限界状態になってしまうそうだ。)
「先進国」では、大量消費促進のためまるで地球は無限の資源をたたえているかのようなCMが絶え間なく打たれ、こういう真実は徹底的に覆い隠されている。真実を知る上でこの映画は大変貴重なドキュメンタリーだ。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-01-21 10:27 | 芸術鑑賞

『紫陽』第11号できました!

『紫陽』第11号の製本作業は14日に行い、昨日と今日で発送の準備をしました。
(お手紙などを書くとどうしても時間がかかってしまうのです。)
明日、発送予定ですので、もうしばらくお待ちください。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2007-01-17 14:55 | 紫陽の会