カテゴリ:イベント( 26 )

『TOYBOX2010』の朗読会

バイリンガル詩集『TOYBOX2010』の完成記念朗読会が、
6月6日に開催されます。
東京・萩窪駅付近の「カフェクラブ石橋亭」にて
午後2時より開演。

この詩集自体が面白いので、詩が立ち上がってくる瞬間は更に魅力を増すことでしょう。

c0094173_13422538.jpg



以前掲載した『TOYBOX2010』の記事はこちら
http://warabipoem.exblog.jp/13987153/
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-05-07 13:49 | イベント

映画

明日からシネ・ヌーヴォーでタルコフスキーとカネフスキーの映画上映が始まります。
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/tarkovsky/tarkov_top.html

少し映画館から足が遠のいていたので、
どれか観てみたいと思っています。

c0094173_1311221.jpg

            犬に食われて倒れている老人の図…………ではないでしょうね。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-05-07 13:02 | イベント

今日の映画

今晩6時より京都・奈良EU協会主催で
ヴィム・ヴェンダース監督映画『パリ、テキサス』(1984年、145分)が上映されます。
会費300円、場所はJR奈良駅徒歩5分のワルハラ
http://www.nara-zenei.com/walhalla/index.html
にて。
この映画についてもっと知りたい方は、ピエール・シルヴェストリ氏の記事をご覧ください。
http://eurokn.seesaa.net/article/143941888.html
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-03-27 11:09 | イベント

奈良前衛映画祭2010・プレ企画 『狂った一頁』

奈良で楽しそうなイベントがあります。

c0094173_14322510.jpg



活動弁士つきで観られる機会はそうないと思いますので、
是非足を伸ばしてみてください。

詳細は http://www.nara-zenei.com/
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-03-20 14:36 | イベント

あんそろ詩゛ーvol.2 に集って

一昨日、学園前の八百屋「ろ」の隣の「つづきの村」にて、詩と音楽とダンスと書のコラボレーションを観てきました。
思いもかけないような創造性に出会えるのが心地よく、こういう刺激なしには生きてはゆけないな、と思いました。また、刺激を受けるとすぐ心身は反応してくれます。
コラボ後のⅡ部では詩の朗読や音楽、パフォーマンス・アートなど、表現が溢れる人たちが自由にその場で創造性を振りまいて、他ではあり得ない雰囲気に…。
酔いもあって、私もノリノリ、花瓶やコップを叩いたり、島本さんのギターで自作の詩「スパイ」の朗読をさせてもらったりと、すごく楽しく、笑いが止まらない夕べでした。

c0094173_1112537.jpg

進行役、またピアニストでもあるうなてさん、ダンサーの小林みゆさん、詩を書き、読む「ろ」店主の秀さん(黒地に白で書いておられましたが、ところどころ消えてゆくのがまさに「詩」でした。)

c0094173_14233757.jpg

足で太鼓を叩くうなてさん(初めて観ました!)

c0094173_11132734.jpg

観たことのないタイプのダンスをされる小林さん

c0094173_11142882.jpg

うなてさんと詩の朗読をされる亜子米さん(「毛むくじゃらの魚」の詩が素敵でした)

c0094173_11151056.jpg

ギターを弾くと、言葉が出てくるという不思議な島本さんの映像作品。谷川俊太郎の詩に乗せて

c0094173_1119590.jpg

亜子米さんの詩に合わせ、鳩の鳴き声「ぽーぽーぽぽー」を歌う私(酔ってます♪)

c0094173_112037.jpg

パフォーマンス・アーティストの大橋さんとギターを弾く…ごめんなさい、お名前がわかりませんでした。でも、初対面でこれだけぴったり息があったものを創られているのが凄かったです。
(ギタリストの方は「ひらめさん」と呼ばれている方だそうで、アクセスありがとうございました。)


一週間前まではひどい体の停滞と心身の過敏症がありましたが、生きていると面白いことはたくさんあるものです。
今年も春先の魔物を殺し、こうして「エロス」の世界をみることが出来ました。本当に幸せです。ますます創作からは離れられなくなりそうemoticon-0115-inlove.gif
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-03-16 11:11 | イベント

芸術と交流三昧の休日

先日の日曜に奈良市内にあるギャラリーOUT of PLACEにちょっと寄りました。
二人展の最終日ということで、画家のお二人もおられて、写真を一緒に撮っていただきました。

c0094173_1316467.jpg














               右が中村一恵さん、その右側に中村さんの作品


c0094173_13194366.jpg














               藤田和孝さんと、私の好きな藤田さんの作品を囲んで


c0094173_140168.jpg








              中村一恵さんの作品





c0094173_1405492.jpg








                藤田和孝さんの作品






 時間がなかったので、慌ただしく次の会場walhalla(ワルハラ)へ。映画『恋するシャンソン』を観るためです。最近は奈良でも映画の上映運動が盛んになってきていて、こうしてハリウッド系以外の映画を近場で観られる機会も増えてきているようです。
c0094173_13565659.jpg
 しかし、このスタジオに入ってびっくり。2階なのに、地下アジトのような雰囲気でした。確かに希少価値の付きそうな我々の集うアジトには違いないのでしょうが…。とても気に入りました。

 さらによかったのは、映画についての解説を聴けたり、語り合う場となっていること。今回は、フランス人のピエールさんが解説してくださり、その後、質問・意見交換、お酒を飲んで交流会と、ありえないほど有意義な時を過ごすことができました。

c0094173_1357233.jpg

 でも、まだ足りなくて、3次会へ。映画・芸術を愛する方々との素晴らしい出会いでした。皆さん、フランス語を話されるので、それも心地よかったです。外国語に触れることも刺激になります。といってもまったく聞き取れないので、また勉強せねば…と思いました。

 『恋するシャンソン(みんなその歌を知っている)』はスティグレール『象徴の貧困』の第二章で論じられていた作品なのですが、その話はまた次回に。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-02-17 13:42 | イベント

詩の朗読会があります。

12/6(日)午後2時より、東京の西萩で詩や物語の朗読会「おも茶箱」が開かれます。
700円ワンドリンク付き。場所は西萩窪駅北口より徒歩7分の「旅茶箱」です。
詳細は http://www6.ocn.ne.jp/~siyukai/ibent01.html

席がそう多くないそうなので、予約優先とのこと。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2009-12-03 08:24 | イベント

TOKYOポエケットに参加して

12日にポエケットのため東京に行ってまいりました。
行きは新幹線、帰りは次の日の昼バスでした。私にしては長旅でさすがに疲れました。
でも、ここまで体力が回復したことをただただ感謝したいと思います。

c0094173_23144992.jpgポエケットはひたすら楽しかったです。
久々にお会いできた方たちと立ち話したり、
詩やブログを通じてしか知らなかった方、メールや手紙でしかやり取りのなかった方たちと初めて顔を合わせ、今までの印象とのギャップなどもおもしろかったです。
ポエケットのゴタゴタ感も私をハイにさせました。
お酒を飲んでなくても、詩人・詩誌の集まるこの雰囲気に十分酔っぱらってしまいました。
頭が回らなくて無礼なこともしてしまったと思います。すみません。

二次会では、かなりお酒を飲みました。
関西の詩人の方々、私の詩集を持ってくださっている若い詩人さん、イダヅカさん、イェイツを読む夕べで朗読された詩人さん、私はさすがに疲れて最初の場所から動かなかったのですが、様々な方と交流できて楽しかったです。
こういう場ではなぜか私はあまり酔わないらしく、
三次会まで行って、さらに焼酎水割りを何倍も飲みました。
それがまたおいしくて、酎ハイしかダメだと思っていたので、驚きでした。
三次会の会場は、森川雅美氏が連れて行ってくださったあのゴールデン街で、すごい味のあるバーでした。
缶詰が積んであったのが印象的でした。もちろん缶詰そのままつまみとして出すそうで……。

長い一日でした。でも、胸いっぱいのエネルギーをいただきました。
私は詩人の方々が本当に好きです。
今も詩集や詩誌を読んだり、ポエケットについて書かれているブログを拝見して、ひたひたと余韻に浸っています。
主催者の方々、素晴らしいイベントをどうもありがとうございました。

おまけ) 帰りに見た浜名湖が美しかったです。
c0094173_23414234.jpg

何か書き忘れているような気がするので、
また後日加筆します。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2009-07-16 23:44 | イベント

第13回TOKYOポエケット

『紫陽』は第13回TOKYOポエケットin江戸博に今年も出展します。
7月12日(日)13:30~19:30、
場所は江戸東京博物館1階会議室
(JR総武線両国駅西口から徒歩3分、地下鉄大江戸線両国駅から徒歩3分)
入場無料。
詳細は http://www.poeket.com/index.html


私は体調はまずまずですが、
年に一度しかない貴重な機会なので、参加を予定しています。
東京なんて13年ぶりです…。
今や都会が苦手なので、不安ですが、頑張りたいと思います。

なので、あちらでお会いできる関東の皆さん、よろしくお願い致します。
それから、『紫陽』参加者のあちらの方もどうぞぶらりとお越しくださいね。
交流会がその後ありますので、たくさんお話できれば嬉しいです。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2009-07-08 15:55 | イベント

キェシロフスキ監督特集上映「キェシロフスキ・プリズム」!

こんばんは。
蒸し暑い夜ですね。うちの中は30度を少し越えています。
この時期から暑いのでは真夏が思いやられますね。
せめて今、活発に動いて、夏にのんびりしたいものです。

来月11日から大阪のシネ・ヌーヴォで、我が愛するキェシロフスキ監督の特集上映「キェシロフスキ・プリズム」が始まります。
DVDになっていないものも多数上映されますので、これは見逃せません!
詳細は⇒ http://www.cinenouveau.com/cinemalib2009/kieslowski/kieslowski.html
その前に東京のユーロスペースにて昨日から始まっているようで、関東の映画好きな方には是非お薦めしたいと思います。
詳細は⇒ http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=205

ちなみに私は7年ぐらいまえに梅田で『終わりなし』を観ました。平日昼間なのに、すごい熱気でほぼ満席でした。なので、今回も少し早めに行こうと思っています。
ビデオ・DVDで『デカローグ』シリーズ、『ふたりのベロニカ』『アマチュア』『トリコロール』『偶然』『傷跡』は観たので、他の作品を観るつもりです。そうなるとまず『スティル・アライヴ』でしょうか。
『殺人に関する短いフィルム』『愛に関する短いフィルム』はTV放映用の『デカローグ』シリーズの5話と6話を劇場用に仕立てたものです。
フランスでは当時『デカローグ』シリーズ全話が劇場公開されたそうですが…。
とにかく楽しみですemoticon-0152-heart.gif

参考までに、キェシロフスキのことを書いた昔の記事をよろしければどうぞ。
http://warabipoem.exblog.jp/10300577
[PR]
by Fujii-Warabi | 2009-06-21 23:36 | イベント