最近観た映画

私は映画鑑賞も趣味なのですが、体調がここ数年悪く映画館に足を運べない状態なので、最近はレンタルビデオなどで映画を観ています。
10月ぐらいからモーレツに映画が観たくなり、それからは週に1、2本のペースで観てきました。私の好みは社会派ドラマや芸術映画ですが、これらは最近ツタヤではめっきり少なくなり、どこで良質な映画ビデオが適正価格でレンタルできるのだろう?と困っています。ウエットなフランス映画も好きなのですが、フランス映画というジャンル分けすらなくなって、有名なゴダールの作品さえも庶民の手の届かないものとなりつつあるような気がします。
さて、この一ヶ月で観たもので心に残った作品を挙げますと、『仕立て屋の恋』、『視線のエロス』、『フリーダ』、『めぐりあう時間たち』、『アマデウス』、『イル・ポスティーノ』です。『仕立て屋の恋』と『視線のエロス』は深夜放送を録画したもので、あとはレンタルしました。
『仕立て屋の恋』は以前から気に掛かっていた映画でしたが、こんな怖い映画だとは思いませんでした。仕立て屋は繊細で非常に無口な男性で、それゆえ町では嫌われ者です。そして、嫌われ者であるがゆえに何の証拠もないのに若い女性の殺人容疑者と決めつけられ刑事に付け回され、町では嫌がらせに合うのです。集団ヒステリーが静かに描かれており、それがとても怖かったです。この作品はカメラワークも芸術的で、「純愛」だけのテーマでない所が良いと思いました。
『視線のエロス』、この作品は奈良放送のラビリンスシアターという金曜深夜の番組で放映していました。この映画は、最初から最後まで主役の男性の目線で撮られており、一組のカップルのストーリーだけでできている、珍しい映画でした。フランス映画ならではといえるかもしれません。恋愛にエロスだけを求める妻子持ちの中年男性と不倫はしないという健全な若い女性の付き合い始めとその破局を描いているのですが、ミュリエルというヒロインが理性的なチャーミングな女性で、かなり面白かったです。一般に、男性が妻の元へ帰るとき、不倫相手の若い女性の方は泣き喚いたりしてドロドロの悲劇になるのですが、ミュリエルはこの映画で一度も涙を流さず、恋をそれなりに楽しんで、新たに素敵な恋を成就させ自分から去って行ってしまうという展開がこの映画の見所の一つであったと思います。そして、お金もあり浮気者でうぬぼれ屋の主役男性・フランソワは、女性に去られて生まれて初めて恋愛を知り苦悩するわけですが、その最後のシーンが「恋愛とは?」という答えのような気がしました。 (つづく)
[PR]
by Fujii-Warabi | 2006-11-28 00:06 | 芸術鑑賞
<< 『イル・ポスティーノ』 『紫陽』第11号の原稿締め切り >>