ガラスの涙

夕霧の降りそそぐ中
ふたりは閉ざされたまま佇んでおりました
 だめなのね
わたしはガラスの涙を流しました
 あぁ
彼は凍えそうなガラスに目を背けました


わたしは王に仕える
アンドロイド
プログラムされた人工頭脳
胸の高鳴りさえ
規則正しい機械音

彼はもうすぐ息絶える
命短くともたくましい羽
(以前も同じだったわ ごめんなさい)

地も吸わぬ偽物の涙を流すうち
彼は使命の空へと飛び去ってゆきました



※紫陽の会『紫陽』6号(2005年5月20日)、詩人会議グループ風歌『畑からのあいさつ』18号(2006.9.22)掲載
[PR]
by Fujii-Warabi | 2006-11-01 16:38 | 藤井わらびの詩
<< ふえる・うえる・かえる のっぺらぼうの風船 >>