『紫陽』24号

『紫陽』24号はお手元に届きましたでしょうか?
これにて終刊、解散となりますが、今回も素晴らしい号になりました。
(以下、内容です。)
 
後藤和彦     明日の手紙
           犬のサンクス 
貞和        俳言
風梨子       パチンコ屋のカミサマ
倉橋健一     一齣
小林坩堝     風狂 ―地図があるならば破り棄てろ即座に
三刀月ユキ    動物
倉田めば     ヘルプ
金子忠政     三日後
あおい満月    歳月
           巡回旅人
芦田みのり    ささやき
鬼原みち子    鷗(かもめ)の詩(うた)
ポーラ・ミーハン 木(こ)の実
(藤井わらび訳)
藤井わらび    Cutting off/流れるものたち
           小さな小さな童話 
ヤリタミサコ    カゾクマイノリティ
石瀬琳々     声を聞いた
北山兵吉     大震災
           あ~ァ
亰彌齋       月碧症(げっぺきしょう)
野村喜和夫    廃墟について考えています
竹村正人     考察 その参 ―もえるきみの名に
           国道二〇号線/創始
竹村正子     男にはないが、男にもあればいいのに
X          傷む心 見えない明日
寮美千子     心の地層に眠る言葉の結晶
             ~「傷む心 見えない明日」に寄せて
武中光男     太陽
松本タタ      カレイドスコープ

  <<俳句>>
志郎    ダダ貫   駄々村




      
[PR]
by Fujii-Warabi | 2011-09-06 19:31 | 紫陽の会
<< 中島麦展「悲しいほどお天気」を観て パスの詩 >>