オクタビオ・パス マイスーナ'Maithuna'

   マイスーナ 
                      オクタビオ・パス
                         わらび語訳朗読バージョン

ぼくの眼はきみが裸でいるのを見つけ
   そして熱い
まなざしの雨で
     きみを覆う


〝響き〟という鳥かごが
           夜に
きみの尻よりも
        白く
まぶしい朝に
      開いている

       きみがベッドから跳び降りるとき
きみの笑い声は
       葉のようにさんざめき
きみの月光のスリップは
          ゆれる

舞い散る光
    螺旋の歌声は
純白を巻き取る
          割れ目に
突っ込まれた
     X型の十字

        *

ぼくの昼が
  きみの夜のなかで
破裂する
    きみの叫びが
木っ端微塵に飛び散る
           夜は
きみの身体をひろげ
        微塵になった身体を洗ってゆく
   そしてきみの身体をふたたび結び合わせる

        *

不動の時間
      どうしようもない乾きが
光り輝く車輪を回す
          ナイフの庭
虚偽(いつわり)の宴
これらの反射光の中を抜けて
きみは無傷のまま
 ぼくの両腕の川に入ってくる

        *

興奮より速く
きみは闇の中を泳ぐ
        きみの影は
愛撫のあいだにはっきり浮かび出て
          きみの身体はもっと黒くなる
cómo cuando porque sí
[どのように いつ なぜなら ええ] といったありそうにない
ソリ競争へと きみは跳び込む
 きみの笑い声はきみの服を燃やし
               きみの笑い声は
ぼくの額ぼくの眼ぼくの理性を
濡らしてゆく
きみの身体はきみの影を焼く
きみは不安の空中ブランコの上で
幼い頃の恐怖を揺らす
         見開きはらはらした きみの瞳は
崖の上で 愛し合ったまま
             ぼくを見る
きみの身体はよりくっきり
           きみの影はもっと黒くなり
笑い声はきみの灰の上に降る

        *

産毛の生えた太陽 ブルゴーニュの言葉
  眠らない砂丘できみの領地を舐める舌
髪の毛  鞭の舌  言葉たち
        きみの背で放たれ
        きみの胸で絡み合う
駆り立てられて
きみのことを書いた文字たちは
   燃えさしの状態で
きみを否定する
       きみを裸にする衣服
きみに謎を着せる文章
ぼくを埋(うず)める文章
           髪の毛
きみの腹の上にさっと広がる 深い夜
熱いワインの入ったデカンターは
       律法の石板の上に こぼれている
咆える裸体と沈黙の雲
      月の冷え切った足の裏で
踏みつけられた
蛇の群
    葡萄の房
きみの身体に
ぼくの身体にきみの身体に
風の指と 葉のような両手の雨
   長い髪の毛
       骨たちの木(こ)の葉
太陽から夜を飲み込んだ 空の木
肉の木            死の木

        *

 昨夜(ゆうべ)
    きみのベッドで
 ぼくらは三人だった
   きみと ぼくと 月

        *

ぼくは
   きみの夜の唇を開く
湿った穴
   腹にこもる木霊(こだま)── 

       純白
解き放たれた
      水の奔流(ほんりゅう)

        *

きみの中で眠ること留まること
          きみの真ん中で
両眼を開けて起きていることはもっといい
               黒 白 黒

  きみの記憶
     (きみの記憶のなかのぼくにまつわる記憶
を燃え立たせる
       不眠の太陽になること

        *

また樹液が雲にむかって
立ち昇る
     炎と呼ばれる サルビアの新芽が
はじける
    (燃える雪が降ってくる)
            ぼくの舌は
そこにある
      (きみの薔薇は舞う雪のなかで燃えている)
   もう 済んだのだ
        (ぼくはきみの陰門を閉ざす)
                        夜明けが
そそり立っている


※真辺博章訳『続オクタビオ・パス詩集』(土曜美術社出版販売)をベースに、
原文(スペイン語)、英訳を参照しました。

*********************
 
   Maithuna
                  Octavio Paz

Mis ojos te descubren
Desnuda
Y te cubren
Con una lluvia calida
De miradas

Una jaula de sonidos
Abierta
En plena manana
Mas blanca
Que tus nalgas
En plena noche
Tu risa
O mas bien tu follaje
Tu camisa de luna
Al saltar de la cama
Luz cernida
La espiral cantante
Devana la blancura

Fijeza plantada en un abra

Mi dia
En tu noche
Revienta
Tu grito
Salta en pedazos
La noche
Esparce
Tu cuerpo
Resaca
Tus cuerpos
Se anudan
Otra vez tu cuerpo

Hora vertical
La sequia
Mueve sus ruedas espejeantes
Jardin de navajas
Festin de falacias
Por esas reverberaciones
Entras
Ilesa
En el rio de mis manos

Mas rapida que la fiebre
Nadas en lo oscuro
Tu sombra es mas clara
Entre las caricias
Tu cuerpo es mas negro
Saltas
A la orilla de lo improbable
Toboganes de como cuando porque si
Tu risa incendia tu ropa
Tu risa
Moja mi frente mis ojos mis razones
Tu cuerpo incendia tu sombra
Te meces en el trapecio del miedo
Los terrores de tu infancia
Me miran
Desde tus ojos de precipicio
Abiertos
En el acto de amor
Sobre el precipicio
Tu cuerpo es mas claro
Tu sombra es mas negra
Tu ries sobre tus cenizas

Lengua borgona de sol flagelado
Lengua que lame tu pais de dunas insomnes

Cabellera
Lengua de latigos
Lenguajes
Sobre tu espalda desatados
Entrelazados
Sobre tus senos
Escritura que te escribe
Con letras aguijones
Te niega
Con signos tizones
Vestidura que te desviste
Escritura que te viste de adivinanzas
Escritura en la que me entierro
Cabellera
Gran noche subita sobre tu cuerpo
Jarra de vino caliente
Derramado
Sobre las tablas de la ley
Nudo de aullidos y nube de silencios
Racimo de culebras
Racimo de uvas
Pisoteadas
Por las heladas plantas de la luna
Lluvia de manos de hojas de dedos de viento
Sobre tu cuerpo
Sobre mi cuerpo sobre tu cuerpo
Cabellera
Follaje del arbol de huesos
El arbol de raices aereas que beben noche en el sol
El arbol carnal El arbol mortal

Anoche
En tu cama
Eramos tres:
Tu yo la luna

Abro
Los labios de tu noche
Humedas oquedades
Ecos
Desnacimientos:
Blancor
Subito de agua
Desencadenada

Dormir dormir en ti
O mejor despertar
Abrir los ojos
En tu centro
Negro blanco negro
Blanco
Ser sol insomne
Que tu memoria quema
(Y
La memoria de mi en tu memoria

Y nueva nubemente sube
Savia
(Salvia te llamo
Llama)
El tallo
Estalla
(Llueve
Nieve ardiente)
Mi lengua esta
Alla
(En la nieve se quema
Tu rosa)
Esta
Ya
(Sello tu sexo)
El alba
Salva



    Maithuna
                   

My eyes discover you
naked
and cover you
with a warm rain
of glances.

A cage of sounds
open
to the morning
whiter
than your thighs
at night
your laughter
and even more your foliage
your blouse of the moon
as you leap from bed

Sifted light
the singing spiral
reals-in whiteness
Chiasm

planted in a chasm.

My day
exploded
in your night
Your cry
leaps in pieces
Night
spreads
your body
washing under
your bodies
knot
Your body once again.

Vertical hour
drought
spins its flashing wheels
Garden of knives
feast of deceit
Through these reverberations
you enter
unscathed
the river of my hands.

Quicker than fever
you swim in the darkness
your shadow clearer
between caresses
your body blacker
You leap
to the bank of the improbable
toboggans of how when because yes
Your laughter burns your clothes
your laughter
wets my forehead my eyes my reasons
Your body burns your shadow
You swing on the trapeze of fear
the terrors of your childhood
watch me
from your cliffhanging eyes
wide-open
making love
at the cliff
Your body clearer
Your shadow blacker
You laugh over your ashes

Burgandy tongue of the flayed sun
tongue that licks your land of sleepless dunes
hair unpinned
tongue of whips
spoken tongues
unfastened on your back
enlaced
on your breasts
writing that writes you
with spurred letters
disowns you
with branded signs
dress that undresses you
writing that dresses you in riddles
writing in which I am buried
Hair unpinned
the great night swift over your body
jar of hot wine
spilled
on the tablest of the law
howling nude and the silent cloud
cluster of snakes
cluster of grapes
trampled
by the cold soles of the moon
rain of hands leaves fingers wind
on your body
on my body on your body
Hair unpinned
foliage of the tree of bones
the tree of aerial roots that drink night from the sun
The tree of flesh The tree of death.

Last night
in your bed
we were three:
the moon you & me.

I open
the lips of your night
damp hollows
unborn
echoes:

whiteness
a rush
of unchained water

To sleep to sleep in you
or even better to wake
to open my eyes
at your center
black white black
white
To be the unsleeping sun
your memory ignites
(and
the memory of me in your memory

And again the sap skywise
rises
(salvia your name
is flame)
Sapling
crackling
(rain
of blazing snow)
My tongue
is there
(Your rose
burns through the snow)
is
now
(I seal your sex)
dawn
from danger drawn

Translated by Eliot Weinberger

Octavio Paz (1914-1998)
メキシコの詩人、批評家。1990年、ノーベル文学賞受賞。

c0094173_11392744.jpg














[memo]
もし世界に完璧な詩があるとすれば、この作品だと思う。
韻律、思想、象徴・イメージすべてが揃っている。
'maithuna'とはサンスクリット語で「性の交わり」という意味だが(そのものズバリ)、人間の歴史的な生や交わりについて感じさせられる。
また、彼の詩は「西洋的」でもない。まず生身の人間が真ん中にある。
たとえば、「熱いワインの入ったデカンターは/律法の石板の上に こぼれている」
という箇所はそれをよく語っていると思う。
キリストの血でもあるワインだが、それを情熱のイメージをすり替え、
十戒を記す石板の文字が見えないようにこぼしてしまうのだ。
「汝、○○するなかれ」という戒律など情熱に飲まれてしまったらいいのだろう。
「月」も効果的に使用されている。
太陽は明・正義・暴くものなら、月は陰・魔術・隠すもの。
「昨夜/きみのベッドで/ぼくらは三人だった/きみと ぼくと 月」
-恋人と二人きりでいても、実は様々な作用を受けている。
太陽はすべてを暴くようにじりじり照らしつけるが、
月は恋人たちのそばにそっとある。人は閉鎖された関係のなかに生きているのではない。
たえず、三人といった開かれたなかに在るはずなのだ。
でも、第三者が「月」であるのがパスらしく、脱西洋的でエロティックである。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2011-04-05 11:42 | 詩人・芸術家の紹介
<< ポエアク vol.2 原発反対 追記 >>