NAPの感想、つづき

NAPのつづきを書こうと思いつつなかなかで、今頃になってしまった。
すみません。

NAPは何が良かったかというと、やはり町の地図が変わったということ。私は少し方向音痴で、部分的にしか地図が頭に入らないのだけれど、それが何か大きな広がりを持って、心の中で違った像が描き直された感じがした。
町歩きの何が楽しみかというと、やはり他にはないものを発見することだ。私は奈良人だと思っているので、観光客向けの「奈良らしさ」には関心はない。その「奈良」を打ち破る新芽のようなエナジーが、NAPの一番の魅力で、日々わくわくさせられっぱなしだった。そして、作品たちの詩的な問いは今も私を刺激し続けている。

ブログで以前取り上げられなかったけれど、今もイメージが残っているものについて少し書いてみたい。

★中尾めぐみ 「どこか」
 暗い色を使いながら、深い森のように心を落ち着かせる作品だった。一日の終わりに森を歩いて、少しずつほぐされてゆく感じ。森は得体がしれないものも奥深くに秘めているけれど、それゆえに心をそのままに包み、受け入れてくれる包容力がある。
昼から夜へ、公の世界から個人の世界へ、人間からそのままの自然へ、意識から無意識へ、そのはざまにある大気を通り抜けて、「無心」へと帰ってゆくような感じを受けた。
この世界は見えるものより、見えない大気的なものによって動いているのではないだろうか。人の心はまさにそうだし、普段意識しないで生きているが、大気的なものは絶えず動いてすべてが変化している。私自身も大気的なものを言葉で描きたいと思っているので、彼女の作品に心惹かれた。

★川野安曇 「the moist view」
 空なのか、湖なのか、とじっと観ていたのだが、いかようにも見えてくる。それが不思議だった。心の残像を描いているようにも見える。ありそうで、この世にはない場所。
会場のmeuble barは、木のぬくもりあるハイセンスで静かな隠れ家である。家具職人がマスターで、隣は工房。絵がなくても素敵な場所だが、絵が空間に一体となって息をしていたような印象が残っている。
そのなかでも、絵が物語を語るように、私の心に強く残った一枚の絵があった。湖が決壊しそうなくらい満ちていて、何があるかわからないあちら側へと溢れようとしている。空はそれを大らかに見ている。悠久の時のなかの何かとても美しい瞬間。
彼女の絵はシンプルであるがゆえに、すんなりと想像が滑り込んでゆく余白があり、心地よかった。

 川野安曇展は今、大阪で開かれています。 10/25~11/6 2kw gallery http://www.kalons.net/index.php?option=com_content&view=article&id=4078&catid=0&lang=ja

★大乗院庭園

 あいにく雨の天気だったのだけれど、しっとりしたなかで見ることができたのもよかったかもしれないと思う。中島麦展は円い窓から外を眺め、そして絵を観て、というのを何度も繰り返した。葉書のような無数の絵の重なりによって、日々を重ねる人生のことを思った。人生は旅だ。時が過ぎるのは少し切ない。でも、刹那が重なって心に蓄積され豊かになっていることに気づくときがある。それは、個性的な作品や人に向き合うときだ。違った経験をしても響きあえるものがあるからだ。
彼の作品は色彩が多く、そんな豊かさも享受できた。

 山田七菜子展のほうは、こちらはまたアバンギャルドだった。自分ももっと自由でいいのではないかと思えた。妖精たちが踊っているところに飛ぶ絵の具。これはアトリエで床に敷いていたから絵の具がついたのだと彼女は語ってくれた。汚れも時が流れないとつかない。そして、偶然の要素が必要だ。でも、そのまま会場に持ってきて、作品にしてしまうのが何より面白かった。コラージュもあまり計算がなくて、作家本人の楽しさが溢れているような感じ。穏やかな空間というわけではなかったのだが、七菜子さんのほんわかした人柄にも惹かれて、おしゃべりしてけっこう長居した。


   ★  ★  ★

 meuble bar、cafe sample、デザインワークスタジオという「場」の発見も嬉しかった。「場」がないと、生まれるべきものも生まれてこない。そこで、人と交わした温かいものはずっと私の心に残っていて、またあんな時間が来ないかな・・・とふと思っている。
 風邪をひいて、突然に私のNAPは終わってしまったことが残念だったけれど、奈良のこの新芽がこれからぐんぐん伸びてゆくシーンを見ていたいなと思う。詩と絵画・造形・パフォーマンスはジャンルが少し違っても、根本は何も変わらなくて、作家さんといると色々な刺激を受け、自分のなかに新たな芽が生まれてゆく。また、皆さん、どうぞよろしく。次の芸術祭では何かしてみたいです。
 NAPに感謝しています。スタッフの皆さん、本当にお疲れさま、どうもありがとうございました。


(たどたどしい幼稚な文章ですみません。)
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-10-28 02:21
<< Oscar Wilde ... Halloween >>