ポーラ・ミーハン「不眠症」

Insomnia
Paula Meehan


Pale under the moon
through the glass
his limbs still
and soon
before stormclouds pass
over the house and fill

it with darkness she'll slip
in beside him
as into a pool.
Warm ripples will lap
her thighs, brim
her breasts, spool

her close and free
her mind of the trouble
that her kept her late
by the fire, a fragrancy
of applewood, to struggle
with her fate

which has always been
to leave what is familiar,
trusted, known,
for the half-seen
shadow world, far
beyond the human zone.



†“The Man who was Marked by Winter” (The Gallery Press, 1991, Ireland)所収。





  不眠症     
                ポーラ・ミーハン
                藤井わらび訳

窓から差し込む
月光のもと
彼の手足はそっと
青ざめてゆく
嵐雲が屋上を通り
あたりを暗闇で満たす

その直前、彼女は滑り込むだろう
彼のそばに、
まるでプールに入るかのように。
あたたかい細波(さざなみ)が腿(もも)を包み
胸いっぱいに注ぐ
そして リールに巻き取るだろう

彼女の結末を。
その心は解き放たれるのだ、
暖炉の傍で夜更けまで
悩ませた問題―
林檎の木の芳香から、
また

慣れ親しんだもの
任されたもの、知らされたことを、
人間の区域をはるかに越えた
半分しか見えない陰の世界のために
いつも置いて行かねばならない
運命との苦闘から。


※『紫陽』第19号(2009.9刊)掲載
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-04-25 21:45 | 英詩・アイルランド詩・英語詩
<< 「谷内薫作品展Ⅱ鏡花水月」を観て 詩誌『詩悠』第2号発刊 >>