藤田和孝・中村一恵展を観て

先週の土曜(16日)に奈良市内のギャラリー・OUT of PLACEに行って来ました。
今展覧会を開いておられる藤田和孝さん、中村一恵さんを囲むレセプションが夕方からあったからです。
作家さんの作品を観ながら対話できる(しかもお酒を飲みながら)というのがとても素敵な体験でした。私は人見知りもするし、「レセプションて何?」みたいな初心者ながら、場の雰囲気に酔わされ、作家さんをひっつかまえて長々と話してしまいました。
まず、OUT of PLACEというこのギャラリーがとてもいいのです。絵画が掛かっていなければ、白いのに威圧感がなく、壁は生クリームを塗ったように美味しそう。そして、作品が在るとまるで別の空間に変わるのです。オーナーの野村ヨシノリさんが柔らかでアウラを受けとめてくださる方だからでしょうか。
藤田さん、中村さんの作品もこのギャラリーにぴったりの大変詩的で、ずっと観ていても飽きることのない、様々なものを想わせる絵画でした。私は絵を観る時、その世界に入ってみたりもしますが、少し離れて、その作品の背景の物語りを考えたりもします。でも、そのためには余白のある作品でないと無理なのですが、お二人の作品は隅に詩をそっと添えたくなるような白い優しさのあるものでした。また、お二人は、私もかく年を重ねたいと思うような、創造の喜びを全身に湛えた素敵な芸術家さんでした。

OUT of PLACE  630-8243奈良市今辻子町32-2
藤田 和孝 中村 一恵 二人展
2010年1月14日(木) - 2月14日(日)
open : 木-日 12:00 - 19:00 月火水 休廊
http://outofplace.jp/G.OoP/TOP.html


追記 となりの絵本カフェ「パビリオンブックス」http://pavilion-b.com/も落ち着けるいい場所です。紅茶がとても美味しかったです。
[PR]
by Fujii-Warabi | 2010-01-22 12:02 | 芸術鑑賞
<< 『紫陽』20号 2010年の年始状 >>