河津聖恵さんの詩集、オスカー・ワイルドなど。

なんとはなく憂鬱である。
最近あまり外へ出ない(出られない)ので日光不足なのかもしれない。
うちにいるとついついお菓子を食べてしまい、
どうやらチョコレート中毒になってしまったようで、
断酒ならぬ断チョコ中。
甘いお菓子もほとんど抜き。
今日で3日目。
1日目は足が震えていたが、今日は大丈夫のよう。
その代わりにワインを飲んでいる。
アル中にならないか?と思ったが、
これは大丈夫。
50mlも飲むと体がうけつけないので。
この量だと体が暖まって心地がいい。

食べもののことが頭をまわるのがいやで
昨日は詩を読んでいた。
河津聖恵さんの『神は外せないイヤホンを』と
オスカー・ワイルドの「Roses and Rue (To L.L.)」。
河津さんの詩からは世界に向かい合う真摯な姿、誠実さが溢れていて
詩集は白い魚のよう。
鋭さとやさしさが地下水脈からこんこんと湧いてくるようで
自分の心が洗われていくような清々しさがある。
私にはまだまだ遠い、憧れの詩です。

河津さんは「詩のテラス」というブログをされていますが、
そこで『紫陽』のことも書いてくださっています。
http://maruta.be/terrace_of_poem/102

オスカー・ワイルドのほうは朗読CDを聴いて、その美しさに心打たれた詩で、
原詩と日夏耿之介をつき合わせながら読んでみた。
その美しさは日本語には置き換えられない、
というのはわかった話だからいいのだけれど、
初歩的な文法の間違いによる翻訳ミスのため
原文で読んだ方がわかりやすい。
この詩は悲恋の詩で、オスカー・ワイルドが同性愛者であったのがよい。
男性が女性への愛をうたった典型的なものは
私にはしっくりこないので。
男女問わず読める恋愛詩の古典だと思う。
(いつか友人達と英詩を読むちょっとした集いを持つのが今の夢。)
[PR]
by Fujii-Warabi | 2008-12-23 16:28 | 芸術鑑賞
<< オスカー・ワイルド「L.L.に」 キェシロフスキー映画『デカローグ』 >>