日曜の『紫陽』読者会

参加者の皆さん、お疲れさまでした。
『紫陽』16号の読者会も有意義で非常に充実したものになりましたね。
改めて思ったのが、ひとり一人の重さでした。一人によって一度書かれた詩をひとり一人が参加してみんなで再び創りあげてゆく感じ。もちろんそれも仕上がることはないし、その場限りのものかもしれないのだけれど。でも生まれてくる場所・瞬間は刺激的で、普段すり切れがちな心も体がいっぱいに満たされてゆきます。

さて、参加者は計10名(うち途中参加者1名)、最初に藤井貞和さんの詩を読み、その後は特集の詩論、そしてページ順に参加者の詩を味わいました。
今回の貞和さんの詩は俳句・短歌の素養がないわたしとしては難しかったですが、やはり皆さんも同じようでした。
詩論はわかりにくかった点、どういう思いで書かれたのかを筆者に問いかけながら湾岸戦争詩論争の要点、また貞和詩の魅力を語り合えたのがよかったと思います。
あとは、藤井わらび「難聴」、窪ワタル「(はこう/はんすう/はき)」、川原寝太郎「篝火を閉じた」、竹村正人「亀」「蛍」、亰雜物「未だ現れぬ一九九九年九月の壺を笑う」「二〇〇八年九月の釜、あるいは…」を読み、批評・感想を交わしました。

二次会はちちろ1階へ降り、鍋を囲んでほかほかと交流会をしました。ちちろは本当に鍋が似合う所です。でも、夜もカフェとして営業されることになり、これが最後の鍋となりました。マスターの宇多さんこれまでどうもありがとうございました。
それから何より嬉しかったことは、用事で読者会を途中抜けた方を除いた9名みんなが交流会に残ってくれたことでした。とにかく読者会も交流会も格別な楽しさがありました。余韻に今も浸り、またうちで「課題」に向き合っております。

(私は体調があまり良くなく、左耳は聞こえないし、途中で熱は出てきてだるくぼぉっとするし、で不快な思いをさせてしまったかと思います。すみませんでした。)
[PR]
by Fujii-Warabi | 2008-11-12 10:41 | 紫陽の会
<< キェシロフスキー映画『デカローグ』 パウル・ツェラン「死のフーガ」... >>